mas207kuva

Kaigai Manga Festa, here we come!

Salmiakki Fiction madness is coming to Tokyo International Comic Festival (Kaigai Manga Festa) on November 23rd! Be sure to visit Sanmagumo’s booth at Comic Big Sight. No prior knowledge or experience about salmiakki or Finnish comics needed.

Our event team will include wonderful guests from Finland!

Most importantly… Mr Reima Mäkinen! He is a Salmiakki Fiction project participant and an experienced Finnish comic artist.  Get his works exclusively from our booth at Kaigai Manga Festa!

Reima Mäkinen is a 54-year-old graphic designer and mangaka living in Helsinki, Finland. During his long career he’s published not only countless comics but also manga drawing guide books in Finnish. For Sanmagumo’s Salmiakki Fiction he wrote a fairytale comic called “Something Good”. Since 2009 he’s been working on War Diary, a realistic historical graphic novel about the Finnish military leader Mannerheim’s early career in the Russo Japanese war. Mäkinen is a Finnish Comic Professionals’ Association board member and his hobbies include travelling and collecting african art.
Twitter, instagram: @reimamak

A cut from the War Diary. Copyright Reima Mäkinen.
A cut from the War Diary. Copyright Reima Mäkinen.

 

From Sanmagumo’s earlier projects the war history comic collection Suomili! Mukashi Sagashi Hen will also be available in Japanese and Finnish. Now is the chance to get yours!

See you in a month!

mas207kuva

Helsinki Zine Fest ja Tracon!

Tässä Sanmagumo, hei!

Olemme 2. ja 3. syyskuuta 2017 mukana Helsingin sarjakuvafestareiden Zine Festissä elikkäs pienlehtipuolella ihan uskomattoman hienossa seurassa. Pöytämme löytyy Tiivistämöltä ja se kannattaa ehdottomasti etsiä, jos hyllystä puuttuu vielä maailman parhaaksi mainittu salmiakkisarjakuva-antologia Salmiakki Fiction tai muuten vaan hyvä Suomili! Menneitä etsimässä. Tule moikkaamaan!

 

Heti seuraavana viikonloppuna 9. ja 10. syyskuuta 2017 pystytämme putiikin Tampere-talon kauneimmaksi kutsuttuun paikkaan eli  Traconin myyntipöytäsalin peräseinälle. Mukanamme on tällöin myös Project.C.K. ja Donut Eater, eli saat mukaasi viemisiä kolmelta rautaiselta ryhmältä samasta nurkkauksesta. Eri kätevää!

Kaksi vuotta sitten Tampereella mustamakkaraa ja salmiakkijäätelöä maistellut taiteilijamme Yousuke on myös jälleen tavattavissa ja toki myös signeeraamassa Traconissa pöydällämme! Huhujen mukaan hän ilahtuisi salmiakkiaiheisista fanilahjoista ikihyviksi ja osaa kertoa viimeisimmät kuulumiset kesän Comic Marketista.

Yousuken raporttisarjis tässä kertoo, miten hyvin viimeksi meni…

Nähdään Helsingissä ja Tampereella!

-Nieal

mas207kuva

サルミアッキ フィクションの通販スタートしました!

サルミアッキ フィクションの通販もスタートしたので応援よろしくお願いします!

You can get Salmiakki Fiction online in Japan NOW! Check out the links below and get yours! ^^

Booth https://sanmagumo.booth.pm/items/587366

キャンプファイヤー https://camp-fire.jp/projects/view/37260 無事受付終了しました

※売上はすべて印刷代やイベント参加費・交通費の補助など、当団体の活動費とさせていただきます。

 

  

mas207kuva

Thank you Worldcon 75!

We took part in Worldcon 75 in Helsinki on Wednesday August 9th and Sunday August 13th with our newest project Salmiakki Fiction. And we had a great time!


We were happy to publish the bilingual Salmiakki Fiction speculative fiction comic anthology at a panel discussion event as part of the Worldcon programme on Wednesday.

Our panelists writer Andrew Scott (who came as a special guest from Spain just for this event!), artist Petri Hiltunen, writer Reima Mäkinen and artist Sky and Cosmos shared their experiences behind the scenes with moderator and editor Pinja “Nieal” Tawast. Thank you so much for all who came!

At the Creators’ Alley we had many rewarding encounters with you who came to our booth!
Of course we had salmiakki for everyone. We were happy to meet so many people who like it, know they don’t like it, tried it anyway or wanted to read about it in whichever case! ^^

A big thank you for everyone involved! People in Finland will meet us next at Helsinki Comic Festival and Tracon in September. See you!

Finally, here’s our Japanese promo video for the book. Enjoy! 🙂

mas207kuva

Worldcon 75 行ってきました!

8月9日水曜日及び13日日曜日に、フィンランド ヘルシンキ市で開催されたSF大会Worldcon 75に参加しました。

Kuva:

○プログラムについて

8月9日にはプログラムとして、「サルミアッキ フィクション」の内容や制作経緯・作家の意図などをディスカッション形式で紹介するパブリッシュプログラムを開催し、約150人の方がプログラムに参加してくださいました。

プログラムのパネリストは、Andrew Scott, Petri Hiltunen ,Reima Mäkinen ,Sky and Cosmos、司会は本プロジェクトのプロデューサーNiealが勤めました。

来場者は世界各国から来たサルミアッキが好きだという方々。ところが、サルミアッキを食べたことが無い人に対してサルミアッキが配られると知ると否や、殆どの人が手の平を返して「サルミアッキ食べたことない」と自称するなど、終始笑いに包まれる和やかなプログラムとなりました。

また、当プロジェクト参加作家のSky and Cosmosは、フィンランド人にも関わらずサルミアッキを食べたことが無いという事で、大勢の方に見守られる中で初めてのサルミアッキを体験し、戸惑いながら食べる様子にとても盛り上がりました。

○アーティストアレイについて

8月9日水曜日及び13日日曜日には、アーティストアレイにて『サルミアッキフィクション』の頒布をしました。

アメリカ、イギリス、ベルギー、ドイツ、オランダ、スウェーデン、アイスランド、オーストラリア、中国そして日本など、様々な国の方々が本に興味を持っていただけました。

また、サルミアッキを食べたことが無い方々へ、サルミアッキの試食もしました。

・中米やイギリス、オーストラリアなど方はリコリス菓子を食べる文化がある国ですが、「ソルティーリコリス(サルミアッキ)」と聞くだけで拒絶感を示す方が多く、互いのリコリス菓子文化の中でも違いを確認しあうことができました。

・オランダやドイツ、ベルギー、スウェーデンやアイスランドなどは、ソルティーリコリスを食する文化があるため、サルミアッキが好きという沢山のシンパシーを頂きました。

・日本からは日本SF作家クラブの方が沢山来てくださいました!

サルミアッキが特に大好きで、「日本でも、もっとサルミアッキを広めたい」とおっしゃっていた作家さんや、「サルミアッキが好きな宇宙の住人と、嫌いな宇宙の住人」というSF世界の設定を作ってくださった作家さんなど、サルミアッキの楽しい話題が尽きませんでした。

・フィンランド人の多くは、タイトルと表紙を見ただけで大笑いするほど、とても喜んでくれました。

そして、多くの人がSFやファンタジー・ホラーなど、様々な漫画に興味を示し、読んでくださいました。

沢山の外国から来てくださった方々には、フィンランド文化を感じるお土産として、フィンランド人にとっては身近で馴染みやすいテーマの作品として、本を手に取ってもらえたと思います。

また、プログラムや一連のアーティストアレイで、『サルミアッキフィクション』通じた文化交流を喜んでいただけたかと思います。

mas207kuva

Salmiakki Fiction – the cover art!

Sanmagumo proudly presents… Salmiakki Fiction!

さんま雲の今年の本は、みんなが大好きなアレがテーマです。

フィンランド人のソウルフードと言われる漆黒のお菓子を題材にした国際合同マンガプロジェクト。

題して・・・

This mighty cover art is by the one and only Petri Hiltunen! Enjoy!

表紙絵を飾るのはフィンランドの大御所作家 ペトリ=ヒルトネン氏。

実にSFらしいイラストを描いてくださいました。

Salmiakki Fiction is…

  • an international comic anthology
  • with a wide selection of speculative fiction genres
  • each story has something to do with salmiakki, a salty liquorice that the Finns hold dear but others often don’t
  • … for some reason

It will be first published at the Worldcon Creators Alley, Helsinki and Comic Market, Tokyo in August 2017!

Don’t miss it!

#SalmiakkiFiction

 

サルミアッキ フィクションの見どころは

1:サルミアッキ愛を感じる国際プロジェクト!

2:SFからファンタジーをはじめ魔法少女から短歌まで、様々なジャンルのサルミアッキのストーリーが楽しめるアンソロジー!

3:サルミアッキやソルティーリコリスについての由来・伝承・不思議な体験など、あなたの知らない「サルミアッキの」世界が盛りだくさん!

 

 

サルミアッキが何故フィンランドで愛されるのか?そして何故外国人から「マズイ」と言われるのか?その真相に迫ります。

2017年の夏は、C82(3日目東T-59b)を初め、フィンランドのWorldcon,ヘルシンキのComic Marketなどや、通販なども予定しておりますので、

お見逃しなく!

#SalmiakkiFiction

mas207kuva

Desucon 2017 でした!

 

Kaunis Suomen kesä ja Desucon on yhtä kuin kesä-Desu! Sanmagumo oli paikalla Project.C.K.:n kanssa ihanien panssarikuvitusten ympäröimänä, aah. Ja meillä oli myös upea julkkarivieras…!

夏だ!デスコンだ!Project.C.K.様とコラボで6月17日・18日に参加させていただきました!
Project.C.K.様から託された素敵なBT-42の大きなイラストがブースの目印で・・・

 
 

とにかく目立つ!今回はホールの一番人通りの多い真ん中の配置だったため、大きなBT-42サルミ悪鬼ちゃんを見つけてあっという間に沢山の人が集まってくれました!

Project.C.K.様のアイテムは、特にDesuconの人たちに人気デス^^ 「X-CUTEの新作入ってるかなー?」みたいな会話を耳にするほど、皆さん待っててくださったようで、新入荷アイテムは即完売! Continue reading “Desucon 2017 でした!”

mas207kuva

Salmiakki Fiction 2017 – Call for Artists and Staff

Sanmagumo Original Comic Project Salmiakki Fiction -SF- 2017
Call for Artists & Staff from Finland, Japan and around the world

同人誌参加者募集

EDIT: Thank you for everyone who applied! We now have a wonderful team of artists and writers ready to make the best salmiakki comic book ever! Stay tuned!

The application period for translators (English-Japanese-English) and proofreaders (English / Japanese) is open until June 21st! You can still join the fun! 🙂

—————————-

Salmiakki.
Salty Liquorice.
Loved by the Finns, avoided by many. Full of things unexplained, unfolding into the pages of a comic book.

This summer, Sanmagumo will bring you a bilingual and multicultural speculative fiction comic collection imagining the incredible worlds of salmiakki!
The book will be published at Worldcon Creators Alley in Helsinki in August 2017.

The main theme of the comic collection will be a type of salty liquorice known as salmiakki, found in abundance in Finland. We welcome works from a wide variety of genres or mixed genres under the wonders of speculative fiction, as long as the piece has something to do with salmiakki.

We are now calling for comic makers from Japan, Finland and elsewhere in the world!
We also warmly welcome translators, proofreaders, fact checkers for checking things we don’t know, and social media people. Also feel free to ask about different forms of collaboration or support. If you wish to do only writing or drawing, we can pair up people to create a comic together. We also have a bunch of story ideas ready for drawing.

The comic project is made under the  Finnish – Japanese Comic Group / Label Sanmagumo. Sanmagumo is led by us Nieal and Maro, living in Tampere, Finland. We have spent happy days and nights with similar international comic productions since 2013, bringing together magnificent Finnish and Japanese artists to explore cultural communication through comics.

Since the book is self-published, we can’t offer any reward money to the participants as much as we would love to. We will take part in Worldcon, Comic Market and Tracon  with this project.

Got interested? Please email a short introduction about yourself to sanmagumo at gmail and we’ll send you the detailed invitation. After this you have until 28th of May to tell us about what you would like to do (please check the mail invitation for details about what info we need). We will let each possible participant know as soon as possible if they have been accepted into the project.

さんま雲では2017年夏のプロジェクトの参加者を募集しております。
2017年8月にヘルシンキでSFの世界大会『Worldcon』が開催されます。
さんま雲では『Worldcon』にてサルミアッキをモチーフにSFを作る多国籍参加プロジェクト『Salmiakki Fiction (or Fantasy)』を行います。つきましては、『Worldcon』及び『C91』で頒布するオリジナル同人誌製作のスタッフを募集しております。
今回は特に、いままでのさんま雲プロジェクト参加作家に加え、フィンランドのコミック界隈から多数の参加が決定している他、日フィンのみならず国際色豊かなプロジェクトになりそうです。

1:サルミアッキをモチーフにしたマンガor小説を寄稿いただけるSF及びファンタジー作家
2:日本語から英語・英語から日本語への翻訳及び校正をお手伝いいただけるスタッフ

興味のあるかたは個別に詳細を送らせていただきますので、さんま雲のメールアドレスsanmagumo あっと gmail までご連絡ください。

よろしくお願いします。

And now – come with us into the depths of salmiakki!

Nieal & Maro

mas207kuva

Yokai Project keeps on going

Sanmagumo’s Yokai Project introducing Finnish and Japanese yokai in both countries started over two years ago with two books, exhibitions and interactive programme for event visitors in two countries. And the project is still very much around!

Last year’s artist and scholar visits at Tokyo International Comic Festival and Oulu Comics Festival were supported by the Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation, and below is our in-depth report about the second stage, or the year 2016, of the Yokai Project (pdf, in Japanese). Enjoy (even if only the pictures and layout)!

芬日妖怪図録展2016報告書1

In April 2017 we continued with the yokai theme and held a literature evening and a one-week yokai exhibition at the Valkeakoski city library. Valkeakoski was beautiful with a blue sky reflecting from the melting surface of the lake. Our audience listened intently and told about their own yokai experiences at the end of the event.

Continue reading “Yokai Project keeps on going”

mas207kuva

コミックイベントTampere kuplii行ってきました!Kevät ja Tampere kuplii!

Tässä Sanmagumo, hei! Tampere kupliin pienlehtimarssilla oli tänäkin vuonna kotoisaa.
ヘイ!さんま雲のニエアルです。フィンランド、タンペレの「Tampere kuplii」コミックイベントは今年もあたたかい雰囲気のプロフェッショナルなイベントでした。

Desucon Frostbiten uutuus Sanmagumot matkoilla (2016 edit) sekä muut kirjamme lähtivät monen kävijän mukaan. Suurkiitokset!

2月のデスコンフロストバイトで出した『漫画道中記』など我が本は沢山の素敵なコミックファンが手にとって頂いてとても嬉しかったです。ありがとうございました!

Allekirjoittanut pääsi myös kuulemaan innostavia sarjakuvantekemiseen ja kansainvälisyyteen liittyviä puheenvuoroja. Kiitos niiden pitäjille inspiraatiosta!

プログラムの方は、コミック輸出についての発表がとても良かったです。頑張れフィンランドコミック!

Sanmagumo puuhasi itsekin jotain kansainvälistä, nimittäin saimme tilaisuuden esitellä tapahtumaa, Tamperetta ja Suomen hienoa sarjakuvaskeneä Japanista tulleille hankevieraille. Jess!

Seuraavaksi vaihdamme hetkeksi yokai-vaihteelle:

4.4.2017 klo 18 Valkeakosken kirjastossa puhumme Suomen haltijoiden ja Japanin yokaiden yhtymäkohdista. Samana päivänä avautuu samassa paikassa Sanmagumon yokai-näyttely.

8.4.2017 Upeilla ja uutuudenkiiltävillä Porin sarjakuvafestareilla juttelemme niin ikään Suomen ja Japanin yokai-tarinoissa havaitsemistamme jutuista oman yokai-projektimme pohjalta. Porin kirjaston lastenosastolla näyttely Suomen haltijoista ja Japanin yokaista avautuu jo 6.4..

来週は一旦完全に妖怪モードに切り替え、Valkeakoski市の文学イーブニングとPoriコミックフェスティバルに参加させていただきます。フィンランドのハルティヤと日本の妖怪の共通点などを紹介し、妖怪展示もやります。

Tapaamisiin!また会いましょう!
Niealニエアル